糖尿病-黒酢サプリメントランキング-

サイトマップ

黒酢ランキングTOPへ戻る>>糖尿病

糖尿病とは

糖尿病

糖尿病とは、血糖値が高くなる病気のことです。 食べものや飲みものを消化して作られる、ブドウ糖といいます。 これは、からだを動かすエネルギー源となるもので、血液の流れに乗ってからだの細胞に運ばれて、筋肉や臓器で使われます。血糖値というのは、血液中にそのブドウ糖がどのくらいあるかを示すものです。 糖尿病になると、ブドウ糖がエネルギーを必要としている細胞の中に運ばれなくなって、血液のなかにあふれてしまうんです。 理由は、インスリンというホルモンが足りなくなったり、うまく細胞に作用しなくなってしまうからです。 インスリンは、からだの中で唯一血糖を下げるホルモンで、食後に血糖が上がらないように、調節するはたらきがあります。それに、血液中のブドウ糖をからだの細胞に送り込んで、活動エネルギーに変えたり、脂肪やグリコーゲンというものに変えて、エネルギーとしてたくわえておくようにするはたらきもあります。 つまり、ブドウ糖のコントロールをしているってこと。 だから、インスリンが不足したりうまく作用しないと、ブドウ糖が細胞に取り込まれなくなって、血液中のブドウ糖が使えなくなってしまうんです。 その結果、血糖が上がってしまいます。 そうなると、筋肉や内臓にエネルギーが運ばれないから、全身のエネルギーが足りなくなってしまうんです。

糖尿病にはタイプがある

糖尿病には、実はいくつかのタイプがあります。 1型糖尿病、2型糖尿病、遺伝子異常や、ほかの病気や薬剤の作用によるもの、それに妊娠糖尿病などです。 糖尿病の種類 1型糖尿病 膵臓のβ細胞というインスリンを作る細胞が破壊され、からだの中のインスリンの量が絶対的に足りなくなって起こる。子供のうちに始まることが多く、以前は小児糖尿病とか、インスリン依存型糖尿病と呼ばれていた。 2型糖尿病 インスリンの出る量が少なくなって起こるものと、肝臓や筋肉などの細胞がインスリン作用をあまり感じなくなる(インスリンの働きが悪い)ために、ブドウ糖がうまく取り入れられなくなって起こるものがある。食事や運動などの生活習慣が関係している場合が多い。わが国の糖尿?aの95%以上はこのタイプ。 遺伝子の異常やほかの病気が原因となるもの 遺伝子の異常や肝臓や膵臓の病気、感染症、免疫の異常などのほかの病気が原因となって、糖尿病が引き起こされるもの。薬剤が原因となる場合もある。 妊娠糖尿病 妊娠中に発見された糖尿病。新生児に合併症が出ることもある。

糖尿病はどれくらいいる?

糖尿病の疑いが強い人は約890万人といわれています。 そのうち、ほとんど治療を受けたことがない人が約4割もいると言われています。 平成19年の国民健康・栄養調査によると、「糖尿病が強く疑われる人」の890万人と「糖尿病の可能性を否定できない人」の1,320万人を合わせると、全国に2,210万人いると推定されています。 しかも、糖尿病が疑われる人の約4割はほとんど治療を受けたことがない人なんだ。 なぜ治療を受けてない人が多いかというと、糖尿病ははじめのうち、痛みなどの自覚症状がないからです。そのため、検査で血糖値が高かったり、治療が必要といわれたことがあっても、そのまま治療を受けない人が多いようです。 とはいっても、糖尿病で亡くなる方は、年間で1万4千人くらい。 それと、もうひとつの大きな問題は、合併症です。 糖尿病による腎臓障害で人工透析を始める人は、年間1万5千人ほどもいるし、糖尿病が原因の視覚障害の発生も年間約3,000人もいます。