脂質異常症-黒酢サプリメントランキング-

サイトマップ

黒酢ランキングTOPへ戻る>>脂質異常症

脂質異常症とは

脂質異常症

脂質異常症というのは、血液中の脂質、具体的にはコレステロールや中性脂肪(代表的なものはトリグリセリド)が、多過ぎる病気のことです。
 血液中にはコレステロール、中性脂肪、リン脂質、遊離脂肪酸の4種類の脂質がとけこんでいるんですが、血液中の脂肪が異常に増えても、ふつうは、痛くもかゆくもありません。そのため、自分では全然気づかないし、「脂質異常症です」といわれても、それが何を意味するのかピンとこない人が多いんです。
 それで、そのまま放置してい、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまって、動脈硬化になってしまいます。ところが、動脈硬化になっても、まだ自覚症状がありません。ついには、心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、やっと脂質異常症の重大さに気づくというわけです。

中性脂肪またはコレステロールが多いタイプ、両方とも多いタイプがある

血液中にある4種類の脂質のうち、多過ぎると問題なのは、コレステロールと中性脂肪です。脂質異常症には、
(1)LDLコレステロールが多いタイプ(高LDLコレステロール血症)
(2)HDLコレステロールが低いタイプ(低HDLコレステロール血症
)(3)トリグリセライド(中性脂肪)が多いタイプ(高トリグリセライド血症)
の3タイプがあります。
 血液中のLDL(悪玉)コレステロールが多過ぎると、動脈の壁にくっついて動脈が厚く硬くなります。だから、高コレステロールが動脈硬化にとって大問題なことは明らかですね。
 中性脂肪は、それ自体は動脈硬化の原因にはなりません。だけど、中性?塩bが多いと、HDL(善玉)コレステロールが減ってLDLコレステロールが増えやすくなるんです。
だから、間接的に動脈硬化の原因となります。また、中性脂肪の多い人は、あとで話す「メタボリックシンドローム」と呼ばれる危険因子をいくつも持っていることが多いんですね。
 どのタイプかによって治療も違ってくるので、お医者さんは患者さんがどのタイプかを、きちんと診断して、指導や治療を行います。

脂質異常症の人は多い

労働者の検診で、血中脂質異常値の人が一番多い!

中性脂肪やコレステロールが高い脂質異常症の人は、脂質異常症と適正値の境界の人、つまり潜在患者も入れると、なんと2,200万人もいるんです。

 さらに、国民健康・栄養調査から見ると、脂質異常症の診断基準のひとつ、トリグリセリドだけでみても、異常とされる基準値を上回る人は、男性では30代から50代にかけて増えて、50代ではおよそ2人に1人が、女性では50代から増え始め60代でおよそ3人に1人となっています(平成18年国民健康・栄養調査)。
しかも、自分が脂質異常症であることを自覚していない人が多くて、自覚している人はわずか30%にすぎないんです。? また、高血圧や糖尿病に比べると、脂質異常症は軽視される傾向があって、下の表でもわかるように、その怖さが認識されていません。「わからない」という回答も一番多く、高血圧や糖尿病に比べると病気の本質が知られていないことが問題です。

脂質異常症はなにが怖い?

脂質異常症は動脈硬化の大きな危険因子

 日本人の死因の第2位と3位を占めているのは、狭心症や心筋梗塞などを含めた心臓病と、脳出血や脳梗塞などの脳卒中だって、知っていますか。これらはどちらも、動脈硬化が原因となって起こる血管の病気です。死因の第1位はがんですが、心臓病と脳卒中を合わせると総死亡の約30%を占めるので、動脈硬化を防ぐことはとても重要です。 さらに動脈硬化は、高血圧を悪化させたり、腎臓病などの原因となります。

 動脈硬化というのは、心臓からからだの各部分へ血液を運ぶ動脈が硬くなるものです。動脈の内側の壁にコレステロールがたまって血管が盛りあがって狭くなり、それとともに血管が硬くなってもろくなるんですね。そのため、血液が流れにくくなったり、血管に血栓(血管の成分や血管壁がはがれたものなど)がつまりやすくなるのが大問題なのです。 さらに、高血圧を悪化させたり、腎臓病などの原因にもなります。

 動脈硬化はさまざまな危険因子が重なり合って起こります。だから、それらの危険因子を除いていけば、ある程度防げるのです。高血圧が動脈硬化の大きな危険因子の一つだということはよく知られていますが、脂質異常症も重大な危険因子です。ですから脂質異常症は、自覚症状はまったくなくても、早く見つけて治療することが重要なんです。