黒酢の有効成分アミノ酸-黒酢サプリメントランキング-

サイトマップ

黒酢ランキングTOPへ戻る>>黒酢成分表>>アミノ酸とは?!

黒酢の有効成分 アミノ酸

アミノ酸とは

アミノ酸とは、一言でいえばタンパク質を作っている最小の成分です。 

あらゆる生命、植物も動物もアミノ酸が作り出すタンパク質から出来ています。

アミノ酸は全ての生命の構成要素です。

つまり、私たちの細胞の一つ一つ、更に遺伝子情報であるDNAもアミノ酸から作られています。

 

そんなアミノ酸は、現在確認されているだけで、約500種類の天然アミノ酸があります。

その中で私たちの体を作っているアミノ酸は約20種類

その20種類のアミノ酸のうち、私たちが体の中で合成できるのが10種類となっています。

 

そして、残りの10種類は合成できません。

従って、食事などで補給しなければならないのです。

この合成できないアミノ酸は、必須アミノ酸と呼ばれています

 

必須アミノ酸 と 非必須アミノ酸

私たちが体を作っているアミノ酸は20種類。
その中で、体の中で合成できるのが10種類、残りの10種類は合成できないので、食事などで補給しなければなりません。

この合成できないアミノ酸のことを必須アミノ酸と呼び、合成できるアミノ酸のことを非必須アミノ酸と呼びます。
体内で合成出来ない必須アミノ酸が足りないと、体のあちこちにトラブルが起こります。私たちは、意識して必須アミノ酸を摂る必要があります。普段、普通に食事している人は特別意識する必要はありませんが食事に偏りがあったり、食事制限する人にとっては、とても大切なことです。 

 

非必須アミノ酸(体で合成できます)

●グリシン

●セリン

●グルタミン

●グルタミン酸

●プロリン

●チロシン

●システイン

●アラニン

●アスパラギン

●アスパラギン酸

●アルギニン

必須アミノ酸(体で合成できないので摂取しなければならないもの)

●ロイシン

●イソロイシン

●バリン

●メチオニン

●スレオニン

●トリプトファン

●フェニルアラニン

●リジン

●ヒスチジン

 


 

玄米もろみ黒酢は体内で作られない9種類の必須アミノ酸が豊富に含まれています。

 

 

(1) BCaa(分岐鎖アミノ酸)

・筋肉のタンパク質に多いアミノ酸でカラダのたんぱく質を増やす働きが有る

・運動時のエネルギー源として使用される

バリンロイシンイソロイシン という3つのアミノ酸からなる


◆分岐鎖アミノ酸は、運動時に重要な役割をはたすアミノ酸です。
最近では、運動時の持久力を高めたり疲労感を軽減する可能性を示す報告も有る。
BCaaを多く含む食品(マグロの赤身に豊富に含まれています。)

(2)スレオニン

成長促進作用新陳代謝を進行させる作用があります。

・肝臓に余計な脂肪が蓄積して脂肪肝になるのをブロックしてくれる。

・必須アミノ酸のなかでいちばん最後に発見されたもの。(トレオニンとも呼ばれる。)


◆穀物中のスレオニンは、消化吸収が悪い特性があります。
成人男子の1日所要量は、7mg。
不足した場合には、食欲不振、貧血、成長阻害、体重減少などの症状があらわれます。

(3)メチオニン

・メチオニンとは蛋白質を合成するアミノ酸のひとつで、硫黄を含んだ含硫アミノ酸
肝臓内に入ってきた毒素や老廃物を排除し代謝を促進させ、

 また血中コレステロール値をコントロールします。
・抗酸化ミネラルであるセレン・セレニウムの運搬役であるため抗酸化作用も期待できます。
・かゆみやアレルギーの原因にもなっているヒスタミンの血中濃度を下げることでも有名で、
医療用としては抗うつ剤としても利用され、精神分裂症パーキンソン病の改善に

 有効とも言われています。
・不足すると肝機能が衰えるのでコレステロールの沈着動脈硬化抜け毛なども起こります。
また利尿能力が低下するためむくみが生じたり感染症にもかかりやすくなることもあります



(4)ヒスチジン(ヒスタミン)

交感神経を刺激するヒスタミンの原料
脂肪細胞からの脂肪の分解を促進
集中力・記憶力を高める作用
抗酸化作用


◆体内ではヒスタミンに変換されることによって、神経機能に働くと言われている。
抗酸化作用も知られており、ある種の酸化ストレス(虚血再還流)を抑制する効果があるとされています。
また、インスリン分泌亢進といった作用も報告されています。

(5)フェニルアラニン

気分高揚食欲抑制のアミノ酸

・体内で神経伝達物質のノルエピネフリンとドーパミンに転換される。

 この二つは鋭敏さバイタリティを生み出し、記憶力を高め

 落ち込んだ気分を和らげる効果がある。

性欲を増強させる作用もある。

・食欲抑制は、フェニルアラニンがアスパルテームという人工甘味料の構成要素で、

 脳の視床下部にある食欲中枢に働いて満腹感を生じさせるからです。
・危険性としては、血圧を上げる作用が有るので、高血圧の人は医師に相談する事。
・ビタミンCと一緒に取ると効果的です。
妊娠中の人、フェニケトル尿症の人、皮膚ガンの患者は取らない事
・ペットには鎮静治療よりも優れています

(6)トリプトファン

精神安定不眠に効果がある。


◆タンパク質生合成の材料となり、その他、肝臓、腎臓で分解されエネルギー源となります。
さらにトリプトファンは脳に運ばれ、セロトニンを作ります。
トリプトファンはセロトニンを通じて鎮痛、催眠、精神安定などの作用を及ぼします。
不足すると精神的に不安定になりやすく、催眠障害を起こすことがある。
過剰摂取は肝臓に悪影響を与えることがあるので、摂り過ぎには注意が必要です。
ビタミンB群やナイアシンと一緒に摂ると、トリプトファンを効果的に摂取することができます。

(7)アルギニン

 ・血管を広げて血液を通りやすくするために重要な役割を果たす。

 (血管を広げるために必要な一酸化炭素はアルギニンから作られる。)


◆アルギニンには、様々な機能が有る。体は必要に応じてアルギニンの色々な機能を利用している。

(8)グルタミン

・体に最も豊富に含まれるアミノ酸の一つ

・胃や腸管を守る役割を担っている。(特に腸管のエネルギィー源として利用される)

・肝臓を守りアルコールの代謝を高める働きを持つことが報告されている。


◆グルタミンは腸のエネルギー源として利用され、正常な機能を維持するのに必須な成分です。
また肝臓の機能を高めるのにも利用されます。

 

(9)システイン

黒いメラニン色素の生産を抑える働きがある。
・毛髪や体毛に多く含まれているアミノ酸


◆皮膚の色はメラニン色素の量によって決まります。
システインは白い皮膚に多い黄色メラニンの産生を増やすことによって黒いメラニン色素の産生を抑える働きがあります。
システインは黒いメラニンではなく黄色いメラニンを多くつくるよう働きかけます。

(10)アスパラギン酸

・アスパラガスに多く含まれるアミノ酸
エネルギー源として最も利用され易いアミノ酸のひとつ
栄養剤などの成分として利用されることがあります。

◆アスパラギン酸はエネルギー生産の場であるカラダのTCa回路の最も近くに位置するアミノ酸のひとつです。
TCa回路は、クルマでいうとエンジンのようなものです。
このような仕組みで私たちのカラダの細胞ひとつひとつが、エネルギーを生み出すはたらきをしています。

(11)グルタミン酸

・小麦や大豆に多く含まれているアミノ酸
エネルギー源として最も利用され易いアミノ酸のひとつ
日本食のだしの成分です。様々な天然の食品に含まれている。
運動時の疲労の回復を促進することが報告されている。

◆グルタミン酸を多く含む食品(コンブ、大豆、トマト、小麦粉)

(12)アラニン

・最もエネルギー源として利用されやすいアミノ酸の一つ
アルコール代謝を改善する作用が報告されている。
カラダに必要な糖を合成する材料としても使われる。

◆肝臓の健康に欠かせないアミノ酸

(13)プロリン

皮膚などの組織を構成するコラーゲンの原料となるアミノ酸の一つ
・プロリンは皮膚に潤いをもたらす天然保湿成分(NMF)として最も重要な

 アミノ酸の一つ
・プロリンはカラダのエネルギー源としても利用されやすいアミノ酸

◆プロリンはお肌の角質層の潤いを保つのに最も重要な物質(天然保湿成分:NMF)の一つです。
クラゲに多く含まれている(越前クラゲが特に多い)

(14)リジン

代表的な必須アミノ酸
・小麦粉や精白米に不足しがちなアミノ酸

◆小麦粉では理想的なアミノ酸パターンと比べて、リジンが最も不足している。
その栄養効果を高めるためには不足するアミノ酸を補う必要がある。
小麦粉にたんぱく源を依存する事が多い発展途上国では不足しがちなアミノ酸であることが
国連大学のプロジェクトなどで明らかにされつつあります。
リジンなどのアミノ酸が不足すると成長障害や重篤な場合には生命に影響を与えることなどもある。