<

黒酢サプリメント人気ランキング・話題の商品に関する比較口コミサイト

サイトマップ

黒酢>>黒酢の豆知識>>日焼け止めの知識もきちんととろう!


日焼け止めの知識もきちんととろう!

2012年5月24日 

日焼けが気になる季節が到来しました!
ということで、今回は皆さんが使う日焼け止めの利用に関する身に知識です。

◉「PA」「SPF」とは

 コンビニやドラッグストアには様々な種類の日焼け止め製品が並んでいますが、選ぶ基準がわかってないと困ってしまいますよね。

 基本的に紫外線にはA波とB波の2種類があるんですが、その両方を防ぐ必要があります。パッケージの裏側に書かれている「PA」という表示がA波、「SPF」がB波に対する防止効果の目安となります。

■「PA」
 まず「PA」ですが、これには3段階あります。「+」の数が1つの場合、塗った時と塗らなかった時を比べると2~4倍の時間A波の影響を防ぐことができることを示す。2つの場合は同様に4~8倍の防御効果、3つは8倍以上となりますので、持続時間と考えればいいでしょうね。

■「SPF」
 SPFは、日焼け止めを使わない時に肌が赤くなり始める時間(およそ約20分)に、表示数字を掛け合わせた長さまでB波の影響を防げる、といわれています。
 ・日常生活では「PA+」「SPF10~20」。
 ・屋外の軽いスポーツやレジャーで「PA++」「SPF10~30」
 ・炎天下でのレジャーでは「PA+++」「SPF30~50+」
 と考えればいいでしょう

「使い方も注意しよう!」

 日焼けしやすい鼻やほほは入念に! 乳液タイプとクリームタイプで使用量を変える! など、使い方にも注意が必要です。

■肌以外にも影響が!

 日焼けは頭皮も影響するってご存知ですか? 加齢とともに毛が細くなったり薄くなったりするので、じつは頭頂部も焼けてしまうんです。逃避に日焼け止めを塗るのは難しいので、帽子をかぶったり、コンディショナーなどで日焼け防止成分配合のものを選んだりする気配りは必要です。

 もちろん、目にも影響を及ぼしますから、あまり長い時間、日差しが強い屋外にいると(白目部分に)シミのように盛り上がった瞼裂斑(けんれつはん)ができる可能性があります。失明のおそれは小さいですが、サングラスなどの着用を必ずするようにしてください。

» «